お直しメニュー
ハイブランドお直し実例

お直し・リフォームをされたお客様の声

レディースお直し  MaMaレトロ(ママレトロ)/着物リメイク・オーダー
ミリカ真美様 30代 フランス在住

このたびは期限も限られた中での着物リメイクを引き受けて下さりありがとうございました。

7月下旬、主人の学生時代の友達の結婚パーティーの招待状を受け取り、10月中旬の教会結婚式とパーティーの招待状だったのですが、夜のパーティーには…なんとドレスコードがあり、男性タキシード、女性ロングドレス!っと書かれていました。

着物を着てほしい!っと主人や友人から言われていて着ていく予定だったのですが、6月中旬に出産をし、授乳中+自分で着付けができない…ので泣く泣く着物は諦めドレスを買う事にしました。
ロングドレス、せっかく買うなら気に入って、長く着れるものを購入したい!っとハイブランドからお手軽価格のものまでいろいろドレスを見て回り試着をしたものの”コレ!”っという気に入った物が見つからず、ネットでも探す事に。

いろいろ検索しているうちに『着物からドレスにリメイク』っというドレスを見つけました。
以前から着物リメイクドレスの事は知っていて、母の友人も黒留袖をドレスにリメイクしていて存在は知っていたもののイメージは演歌歌手のような”いかにも着物リメイク”の印象があり惹かれなかったのですが、今回私が見つけた着物ドレスの中には素敵なデザインのものも多く着物ドレスが欲しい!っと思い探し始めました。

あくまで”リメイク”が主の着物ドレスなので、すでにドレスになって購入できる物はほとんどなく、着物を用意し、そこからリメイクしなければならないことが判明。
実家の母に「着ない着物はある?」っと電話をし着物ドレスの話をすると、母が成人式のときに母の従姉妹からもらった着物があり、洗って反物になっているものがあり、それを譲ってくれるとの事!
嬉しい反面、貴重な思い出の着物をドレスにリメイクする罪悪感のようなものがあったのですが、すでに40年以上もタンスの中で眠っていた着物をリメイクして活用してくれるなら着物も喜ぶのでは?との母の後押しに着物ドレス用の着物は揃いました。

それからリメイクしてくれるところを探そうと調べていたのですが、フランス在住のため採寸などでお店に通う事が不可能、そして期限も迫っていたこともあり、友人の純サンに相談をすると快く引き受けて下さり!!!8月のお盆明けからプロジェクト(苦笑)がスタートしました。
私の好きなデザインのドレスの候補を何着か選んでメールで送り、また、採寸が不可能なため純サンのアイデアで私のサイズにピッタリの気に入ったワンピース純サンに送り、それを元にサイズをおこしてシーチングを作っていただきました。

その際、さすがオシャレのプロ!私が気に入っていたマーメイドタイプのデザインより私の背格好、雰囲気、そして着物のデザイン、柄から総合的にみると、私にはホルダーネックのシンプルなマキシ丈のドレスの方が似合うよ!っとアドバイスがありました。

主人にも話をすると「純サンの言う通り!グラマーな体型でないので純サンのアドバイスのデザインの方がキレイに見えると思う」と言われデザインをホルダーネックに。

ここで純サンのアドバイスがなかったらマーメイドタイプのドレスにしていたと思います。
シーチングはちょうど9月上旬に母がフランスに遊びに来る事になっていたので母がシーチングを運んでくれ、試着をしてサイズとデザインをチェック。

この段階でデザインもサイズもほぼ完璧で驚きました。シーチング試着の際、気になった背中の部分意外は完璧だったので、そのことをメールし2cm詰めて本縫い開始!

2cmというのはかなりの幅なのできつくならないか心配だったのですが、やはり、やはりプロ!
ここで2cm詰めていなかったら背中がゆるゆるになっていました。

こうして何度もやり取りをしながら出来上がった着物ドレスは完璧な物でした。

40年以上の間、タンスの中で眠っていた着物が新たにドレスになってよみがえりました。
届いたドレスを見た時は感動で涙が出そうなほどでした。

私のサイズ、雰囲気に完璧に合うものになって生まれ変わったドレスを友人の結婚式で着た時はどんなメゾンの高級なドレスよりも華やかで目立っていたと思います。
実際何人もの方に素敵なドレスね~っと声をかけられ、「母の40年以上前の着物から作ったんです」の言葉に誰もが驚き、感動していました。

着物のドレスですが不思議とタキシード姿の男性たちの中でも全く違和感無く!
他のドレスの方以上に着物がもつ独特の雰囲気、印象、デザイン、柄は他のどんなドレスよりも目立っていました。同じ着物からショールも作っていただいたのでショールを巻くとまたまた豪華に。

純サンのアドバイスで草履に着物用のバッグ、そしてヘアスタイルは夜会巻き、ノーアクセサリーでしたが、ホルダーネックで後ろはリボンで結んでいるためドレスだけで充分華やかで、今はこのシンプルな豪華さを存分に楽しみたいと思います。また年を重ねるとゴールドや大振りのアクセサリーをつけても嫌みにならなくなり違った雰囲気になりそうで、これからどんどんこのドレスで楽しみたいと思います。

お直しの専門レギュイドールさんがデザインしてオートクチュールしたドレスなのでサイズもデザインも完璧でした。

純サン、そして職人のKさん、このたびは無理難題を超えてこんな素敵なドレスを作って下さり心から感謝です、本当にありがとうございました!

→ MaMaレトロ(ママレトロ)のサービス詳細はこちらから

← オーダーメイド・お仕立てのサービス詳細はこちらから

← お直し・リフォームをされたお客様の声 トップに戻る

このページの先頭へ